« フェリア | トップページ | 最初の一歩 »

お祭りが終わって

ここ1ヶ月ほど忙しい日々が続き、なかなか更新が・・・・の日々だった。

その忙しさの原因は幼稚園のバザー。私は現在小学2年生の男の子、幼稚園年長の女の子、幼稚園年少の男の子の母親でもある。幼稚園の母というと世間的には暇に見えているのかもしれないけど、実際はすごく忙しい。特に2学期は。

私は今年、幼稚園父母の会(まぁPTAみたいなものです)の会長なんてものをやらせていただいている。これは外から見ると大変なだけに見える仕事なんだけど、やっている私は実はすごく楽しかったりするのだ。小さな幼稚園だからかもしれないけど、自分たちで色々考えて楽しいイベントを考えたりする作業って、学生のとき以来のようですごく楽しい。

10月は幼稚園バザーの季節。私たちの幼稚園も10月最後の土曜日でした。

今回のバザーのテーマは縁日。とにかく子供たちがいっぱい遊べて楽しいバザーをやりたかったので、小さな縁日を作ってみた。

小さなゲームコーナーをいっぱい並べ、縁日風の屋根をつけ、廃品でつくった提灯を並べると、なんとなく本物ぽく見えてくるからおもしろい。お祭りって子供だけでなく、大人たちもわくわくするからなんか不思議だ。当日ははっぴを着て、普段はあまり幼稚園にかかわれないお父さん達大活躍で楽しい縁日バザーだった。

そしてもう一つのテーマは「ごみゼロのエコバザー」

とにかくプラスチックゴミをゼロにしようと頑張ってみた。

飲食コーナーでプラスチックゴミをゼロにするって思った以上に大変だった。フランクフルトやお団子のお皿一つにしても、紙皿などはすごく高くて発砲トレイが一番安い現実。だからなかなかプラスチックゴミが減らせないんだ・・・・など、バザーのゴミ一つから世の中の不都合な真実などが垣間見えたりする。

母親として、家計を預かる主婦としてなんだか勉強になったバザーだった。

今回は包装が必要な物は全て紙にして、お皿などはマイ皿持参を徹底してもらった。マイ皿持参って最初はブツブツ文句も言われたけど、でも今この地球に生きている私達にとってすごく大切なこと。やってみるとぜんぜん大変ではなく、大量のプラゴミを自宅に持って帰って水洗いして分別してゴミの日に出す手間を考えると、めちゃスムーズでスマート。お金もかからないしね。

今回のバザー、忙しく充実の1ヶ月を過ごしたけどすごく勉強になった。

新しい視点から自分達の生き方を見つめなおせた1ヶ月だったような気がする。この経験はたぶんこれからの自分の仕事や子供達との生活に生きていくのかなぁ。

|

« フェリア | トップページ | 最初の一歩 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/455023/8818185

この記事へのトラックバック一覧です: お祭りが終わって:

« フェリア | トップページ | 最初の一歩 »