« 最初の一歩 | トップページ | 今、気になる物って・・・ »

今年の目標

2008年が始まりました。

3人の子育て中の私にとっては、子供達の三学期が始まった今日がスタートって気分。少しのんびり気分で朝寝坊していた冬休みが終わって、今日から気合を入れて動き出す毎日が始まる。

去年は幼稚園の役員をしていたこともあって、なかなか自分の仕事である家具にかかわることが出来なかった。それは反省・・・。でも子供の幼稚園時代は本当にあっという間だし、幼稚園時代にどっぷり浸かってみるのもなかなかいいものだった。昨年の色々な出来事を振り返って心からそう思う。役員もやってみればすごく貴重な経験。人間として、母として、良い勉強させていただきました。

今年は2番目の子が小学校入学。末っ子が幼稚園を卒園するまであと2年。あと2年は子育てを生活の中心にすえながら、自分の仕事に動き始めていこうと心に思い新年を迎えた。

私の仕事は生活具である家具を提案する仕事。私がこの仕事についたきっかけとなったスペインでの様々な経験から始まった仕事なので、スペインの家具専門の輸入エージェントを行っている。輸入エージェントってなに・・・?って一言で言うと、営業マンかな。自分が取り扱っている家具メーカーの商品を紹介し、気に入ってくれた商品を輸入し、お客様にお届けする仕事。

この仕事を始めてすでに10年以上経った。その間には子育てで仕事を休んでいた時間もあったので、実際の仕事の経験はまだまだ新米ってとこ。

ただ今の自分は、がむしゃらにデザイン性にとんだ家具や売れる家具ばかり見ていた以前とは180度違った視点で家具や生活に向き合っている。それは3人の子供を授かり、育てていく時間の中で自分が感じてきたこと。本当に次世代に残していける良い物・優れたデザイン・品質の物を提案していきたいという思い。

身の回りに多くの物はいらない。シンプルな生活がしたい。でも大切にしたいのは、肌に触れたときに、すぅ・・・っとなじむあたたかな感覚を持つ道具たち。そして環境に対し、きちんとした責任を持てる物たち。そういったものを提案し、そういった暮らし方自体を伝えていける仕事がしたいと思っている。

その考えからいうと、多くの原油を使って遠くの国より運んでくる家具たちは環境に対しすごく負荷をかけていることになる。果たしてそこまでして持ってくる価値があるかどうか・・・?それが今の私の仕事で取り扱う家具選びの基準の1つだ。

地産地消。生活具である家具にもこの視点は大切。今は、木製の国産家具や昔ながらの生活工芸品にすごく興味がある。手の仕事。まさに手の仕事が感じられる物たちに私の視線は注がれている。

今年はここで、自分のアンテナに引っかかってきたそういったものを紹介していきたいと思っている。

|

« 最初の一歩 | トップページ | 今、気になる物って・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/455023/9776373

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の目標:

« 最初の一歩 | トップページ | 今、気になる物って・・・ »