« 2008年1月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

面白いものみつけた

ブログを心機一転。ちょっと雰囲気を変えてみました。

今、設計事務所のホームページもリニューアル中。近日中に公開できるかな。頑張ります。

先日、ちょっと急ぎの買い物があって名古屋に出かけた。

近いようで中々名古屋へは行かない。子供達3人は買い物が大嫌い。絶対ゆっくりなんて見せてくれない。公園大好き、体動かすの大好き、いつも自然いっぱいの幼稚園で過ごしたお陰でもあるなぁ・・・。

でもどうしても急ぎで必要な物がありハンズへ。

夏休み中ということで子供達3人も一緒に出かけた。ちょっとした夏のお出かけ。

が、最悪なことにハンズは定休日・・・。で、まぁ気を取り直してロフトへ。

文具売り場で子供達は色々楽しいものを見つけて、結構楽しく過ごしていたから、私も色々なものを物色。文房具が大好きだから、なんだか幸せな時間!

色々見ているうちに、面白いものを発見!

20色のマスキングテープ。すごくきれいな色ばかりで、眺めているだけどなんだか嬉しくなる。それは何に使うかというと、絵をかいたり自由自在に使えるらしい。

なんかすごく嬉しくなって、即購入。

お店の色々な物に使えそう!9月、新学期が始まって自分の時間が戻ってきたら、色々やりたいことがいっぱいだ。

夏休みはあと1日。うふふ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手の仕事

お店を開くととになり、色々な準備を進めている。

とはいっても、まだまだ設計事務所としても駆け出しの我が家には新しく私のお店を構える金銭的余裕はない。なので、今は事務所1階で家具のショールーム兼打ち合わせなどに使っているスペースを私の小さなお店にするということになった。小さな小さな空間だけど、そこにいればほっとして、心のざわざわが消えて元気が出る場所にしたいと思い、色々なことを考えている。

お店を開くことになったきっかけに「手仕事」がある。

手の仕事、手を使って物を作り出すこと、その喜びやそこに流れる時間の温かさが私はすごく好き。それがプレゼントするものなら、渡した時の相手も顔を想像しながら作るのも楽しい!去年、幼稚園の役員でバザーを開催した時、手仕事が得意な友人に様々なことを教えてもらった。役員仲間で彼女の家に集まり、みんなでちくちくそれぞれ好きなものを作った。1人だとなんとなくやる気にならないことも、みんなで集まってお喋りしながら、手よりも口の方が動いているんだけど(お喋りしたり食べたりと忙しいもんで・・・)、それでもみんなで集まって何かを作る時間はすごく楽しい。前向きになれる。心が優しくなれる。そして明日も頑張ろうと思える。

手を動かすということには、人間の持つ(普段は眠っている)とてつもない力を引き出してくれるんじゃないかな・・・と真剣に感じているくらいだ。

一昨日の晩見たテレビで、「手は第2の脳」「手を動かすことで脳は活性化してパワーが出てくる」と言っていた。

やっぱり!思っていたとおり。「手仕事小屋」と呼べるような、人が集まって手仕事をしながらくつろげるお店を作るぞ!その気持ちがどんどん大きくなっていく。

そんな気持ちを持っている母親は、子供にもと期待してしまい、昨日は小学生の子供2人(小3・小1)に2学期に使う雑巾を縫わせてみた。小3の男の子には2回目。針使いも少し慣れたみたいだ。小1の女の子は初めて雑巾を縫った。慣れない手つきで一針ずつがたがたの縫い目で縫っていく。途中、針を指に刺して「いたっ」。ちょっと涙も浮かべながら縫っていた。

たかが雑巾1枚。100円ショップでも売っている時代だ。でも自分の手を動かして、出来上がった雑巾はやっぱり誇らしげに見える。2学期からの掃除の時間も、その気持ちを感じていけるかな。そんなことを感じながら、小さな2人の手先を見ていた。

Sbsh0003_5

小1の子が作った雑木がこちら。

縫い目はよく分かりませんが、かなり大雑把ではあります。でも初めて自分でつくった雑巾で、2学期も楽しく教室の掃除してね。

そして、この夏休み中に私が作った手仕事品はこちら。お店で使うものをちょこちょこと作ってみました。消しゴムはんこは楽しい!今、はまってます。お店のロゴ等も全部消しゴムはんこで作っちゃいます。Sbsh0004    Sbsh0005_2

Sbsh0008 そして、羊毛ボール。

私は羊毛はこのボールしか作れない・・・。

でもボールって普遍の形。なんだか手のひらで転がしてるとほっとします。

Sbsh0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりです

今は夏休みの真っ只中。我が家も3人の子供達と毎日暑い暑いといいながら、エアコンはかけずに過ごしています。

えー・・・っ、最後のブログ更新から半年以上が過ぎてしましました・・・・。

この半年間はただ ぼけぇ~と 過ごしていたわけではなく、(まぁ春・新学期が始まった頃は去年の役員生活から開放されたので、ちょっと気を抜いておりましたが・・・)、色々とこれからのことを考えていました。

これからのこと。

いままでずっと、スペインに1人で旅立ってからずっと、家具やインテリアに関係する仕事を自分の一生の仕事にしたくて過ごしてきた気がする。実際そうだったし。自分の視点の中心はいつも「売れる家具かどうか」だったような気がする。質やデザイン云々もあるけど、最後にはやっぱり売れるかどうかで判断される。そうやってずっとインテリアにかかわってきた。

2000年に子供を産んでから、私の人生は大きく変わったような気がする。

今3人の子供達と過ごしながら、子育てをしているこの8年以上の時間を通して、今の私の視点は以前のそれとは全く違うところにある。次世代に残していく責任というか、物作りへの責任のようなものがすごく大切に思える。

どこの素材、どこの木を使っているのか。わざわざ高い原油を使って遠い遠い国から運ばれてきた材料じゃないかな・・・?とか。どこの誰がつくっているのかとか、そういったことが一番大切な事のように思える。

フードマイレージ・グリーンマイレージなどという言葉があるが、実際大切なことってそうなんだ。

わざわざ遠い国から運んで来た物じゃなくて、自分達の周りを探すといいものがいっぱいあることに気づく。家具もそうだった。日本の木を使って、そこに暮らす人たちの手で作られた家具たちは温かく、肌になじんだ。日本の商品を使えば、それを作る工房の人たちの仕事にもなる。いいもの作りが盛んになる。山の木が手入れされる。いいことってきっと連鎖している。そしてどんどん大きな輪になって、それが将来の子供達への大きな贈り物になっていく。

そして私は子育ての時間に、子供の家具・子供達の環境を整えるものに関心が向いている自分に気がついた。

そしてある工房と出会い、そこの商品を扱うお店を開くことに決めた。

その工房は、日本の木だけを使い、職人さんが心をこめて1つ1つ手作りしている「木のおもちゃと子供家具」を扱っている。そこの商品を扱うお店を作る。

今はその準備を色々わくわくしながら進めている。

準備報告はこのブログで更新していきますね。

乞うご期待!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年9月 »