« 火のある暮らし | トップページ | 新しい看板! »

収穫祭からアドベントへ

この3連休、サッカーしたり新しい看板を作ったり、お店も営業したりとなかなか忙しい3日間を過ごしていました。皆さんはいかがでしたか?

今日はここ四日市は本格的な雨が降っています。mano a manoを開店して初めての雨のような気がします。

mano a manoの看板は黒板です。だから雨の日は使えません。雨の日も夜もずっとかけておける看板を作らなきゃ・・・と思っていて、昨日やっと材料の買出しに行き製作に取り掛かりました。

看板は出来上がったのですが、今日は雨でペンキの乾きが悪いみたいです。看板を設置するのは明日になるかな・・・。でも晴れた日にかけたいし、明日晴れてくれることを祈っています。

金曜日、末っ子しんの通う幼稚園では【ありがとう礼拝】(収穫祭です)がありました。

子供たち3人がお世話になっている(上の子2人はすでに卒園しましたが)幼稚園はキリスト教の幼稚園です。私達家族はキリスト教ではありませんが、私は幼稚園で過ごす時間の中でキリスト教の素晴らしさも感じながら、神様という存在が見守っていてくれるということが、本当に大きな安らぎになるなぁ・・・と感じています。

私は秋から冬にかけてのキリスト教の行事がすごく好きです。

大地の恵みに感謝し、今ここに生きていることに感謝する収穫祭や12月から始まるアドベント、クリスマス。この時期は本当に愛することや人へのあったかい気持ち、回りのものへの感謝、そして生かされていることに感謝を感じられる温かい期間です。

金曜日の【ありがとう礼拝】は大地の恵みに感謝し、食べるもの全てに感謝、それを育ててくれた人たちに感謝、そしてお料理を作ってくれた人に感謝・・・全てに感謝の一日でした。

子供の通う幼稚園では、年長組さんが1年間をかけて田んぼでお米を作ります。去年真ん中の娘たちも作りました。初めての田植え、稲刈り、脱穀、籾摺りなどを経験し、1粒のお米を作ることがこんなにも大変な事なんだということを感じていたようです。私も年長の父兄として去年初めて田植えや稲刈りをしました。

ありがとう礼拝では、年長組さんが1年間大切に育ててくれたお米をみんなで炊いてお料理します。今年はサツマイモご飯だったそうです。ご飯を炊くのは【おくど】です。お釜で薪でお米を炊きます。本当に美味しい!!

そのような経験をさせていただける幼稚園に出会ったことは、私達家族にとって本当に宝物です。

ありがとうって言葉、素敵です。【ありがとう】って気持ちをいつも胸に持っていたいなぁと思いました。

そして12月にはいるとアドベントに入ります。アドベントとは、イエス様のお誕生を楽しみにまっている期間。子供たちは毎日アドベントカレンダーをめくり、クリスマスのその日を心待ちにしています。わくわくの気持ちの中にも、ろうそくの日を見つめながらすこし心穏やかな時間を持ってその時を待ちます。

アドベントも、幼稚園に入って始めて知ったことです。でもすごく素敵な時間だなぁ・・・っていつもこの時期が近づくと思います。

今年は間に合わなかったのですが、来年には消しゴムはんこでアドベントカレンダーを作ってみようと思っています。

今夜は頑張って消しゴムはんこのページを完成させて明日UPする予定です。

来週からは消しゴムはんこ教室も始まります!

日程もほぼ決まってますので、明日HPで告知しますね。

お近くのかた、興味のあるかた、ぜひ参加してみませんか?待っています。

|

« 火のある暮らし | トップページ | 新しい看板! »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/455023/25618414

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫祭からアドベントへ:

« 火のある暮らし | トップページ | 新しい看板! »